文字単価を知る

仕事の電話

データ入力代行サービスをお得・快適に利用するる方法

現在は文章なども全てパソコンのテキストファイルなどのデータ化し、それをデータベースに登録して活用する事も多いです。例えば、その例としては名刺などがあり、大量の名刺があり整理に困っていたとしても、データベース化すればその中から必要な情報を検索して選べるようになるというメリットがあります。そして、そのような文章をテキスト化やデータ化してくれるサービスが、データ入力代行サービスです。データ入力に困っているという方はその業者を利用すると、それらのデータ化作業が捗ります。また、お得に利用する方法としては、一括見積もりサービスなどを利用してデータ入力をしてくれる業者を検討するということです。比較することで、一文字あたりの単価が安い業者が見つけられます。

依頼する時の文字や項目の単価について

データ入力代行の料金は、入力してもらいたいデータ項目であったり、文字単価によって決まっている所が多いです。名刺などの場合は、名前や郵便番号などの必要な情報を入力してもらって、おおよそ一枚あたり20円程度が相場価格となっています。また、その他の通常のデータ入力代行作業にかかってくる文字単価については、一文字あたり安い所で0.2円、平均的なデータ入力業者で約1円程度でやってもらえることが多いです。ちなみに最近はそのようなただデータ入力代行をする以外にも、ファイリングをしてくれたりホチキス留めをしてくれるサービスなどがあり、それらのサービスを利用すると、一個あたり数円程度の料金が加わってくる傾向にあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加